【7月28日 AFP】米メリーランド(Maryland)州ボルティモア(Baltimore)で昨年、警察官に拘束された黒人青年が移送中に負傷してその後死亡した事件で、地元の検察は28日、すでに無罪判決が出ている3人以外の残りの警察官に対する起訴をすべて取り下げると発表した。事件後には現地で住民らが暴動を起こしたほか、全米各地に抗議行動が広がったが、起訴されていた警察官全員が刑事責任を問われないことになった。

 この事件は昨年4月12日、当時25歳だったフレディ・グレイ(Freddie Gray)さんが警察官を見て逃走した後に拘束された際、警察車両の後部座席で手足を拘束された状態で移送中に脊椎(せきつい)を骨折。グレイさんは1週間後に死亡したが、警察は事故だったと主張した。

 警察官6人が起訴され、第2級暴行罪や過失致死などの罪に問われていたが、これまでに裁判で3人が無罪判決を言い渡されていた。検察は、残る3人についても同じ結果になる可能性が高いとして起訴を取り下げた。

 ただ、メリーランド州検察のマリリン・モスビー(Marilyn Mosby)検事は「フレディ・グレイ氏の死は殺人によるものという検視官の判断を支持している」と述べている。(c)AFP/Fanny ANDRE