【6月12日 AFP】サッカーW杯北中米大会(2026 World Cup)のアジア2次予選は11日、各地で試合が行われ、グループCの中国は0-1で韓国に敗れたものの最終予選進出が決まった。

 すでに組首位通過を決めていた韓国は、61分に李康仁(Lee Kang-In、イ・ガンイン)が決勝点を挙げ、地元ソウルで白星を飾った。

 痛い敗戦で突破への希望が危うくなった中国だったが、この日3点差以上での勝利が必要だったタイはシンガポール相手に3-1での勝利を収めるにとどまり、チャンスを逃した。

 中国とタイは勝ち点で並んで得失点差も同じとなったが、直接対決の戦績により中国の勝ち上がりが決まった。

 一方グループFでは、インドネシアが2-0でフィリピンを下し、史上初の最終予選進出を決めた。ジャカルタの6万4000人の熱狂的な観客の前で白星を飾ったインドネシアは、組首位のイラクとともに勝ち上がりを決めている。

 グループIのオーストラリアは、ともに突破決めているパレスチナに5-0で勝利。オーストラリアは無失点で2次予選全勝を収めた。

 グループAのクウェートは、1-0でアフガニスタンに勝利すると、この日組首位のカタールに1-2で敗れたインド、そしてアフガニスタンを逆転して2位に滑り込み、突破を果たしている。(c)AFP/Peter STEBBINGS