【1月16日 AFP】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2024)は16日、女子シングルス1回戦が行われ、大会第1シードのイガ・シフィオンテク(Iga Swiatek、ポーランド)は7-6(7-2)、6-2で元大会女王のソフィア・ケニン(Sofia Kenin、米国)を退け、2回戦に進出した。

 世界ランキング1位のシフィオンテクは第1セット、2度のブレークダウンに陥る苦しい展開となったが、そこから巻き返して68分の末にこのセットを獲得。第2セットはギアを切り替え、最後は5ゲーム連取で勝利を飾った。四大大会(グランドスラム)通算4勝の女王はこれでマッチ17連勝。次戦はダニエル・コリンズ(Danielle Collins、米国)と対戦する。

 2022年大会準優勝のコリンズは6-2、3-6、6-1で2016年大会女王のアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)を破った。ケルバーは出産に伴う18か月の休養を経て、今回の全豪オープンがグランドスラムでの復帰戦だった。(c)AFP/John WEAVER