「痛いから社長だ」キャプチャー(c)news1
「痛いから社長だ」キャプチャー(c)news1

【12月14日 KOREA WAVE】韓国の自営業者オンラインコミュニティ「痛いから社長だ」に最近、「朝からヴィラン(敵キャラ)に会った」というタイトルの投稿があった。トンカツ5人前を注文した客が「トンカツ5枚とスープ7つサービスしてくれ」とあり得ない要求をしたのだ。

自営業者は「朝から大きい注文だと思い、フライヤーに火をつけたが、要望事項を見て火を消し、キャンセルした」と話した。

注文は「トンカツ5人前とモーニングパン、配達費を含めて計7万ウォン(約7830円)の決済」までは良かった。ところがリクエストに「レビューを書いてあげるからトンカツ1人前に1枚ずつサービスしてくれ。7人で食べるのでスープとソースを7つ送ってくれ」とあったのだ。

その客から「なぜキャンセルするのか」という電話があり、自営業者は「リクエストに応えるのが難しいので取り消した」と言うと、客は「注文した人の許可を得てキャンセルしなければならない。消費者院に届ける」と脅しをかけた。

自営業者は忙しいのにつまらない電話に付き合わねばならないことにも腹が立ってきて「業務妨害で告訴する」と言って電話を切った。その後、連絡はないという。

これを見た自営業者たちは「いろいろあるさ」「取り消してよかった」「消費者院に申告するという脅迫にはうんざりだな」などと怒りをあらわにした。

(c)news1/KOREA WAVE/AFPBB News