【11月1日 CNS】10月15日から、2024年度中央機関およびその直属機関の公務員採用試験の申し込みが正式に開始した。
  
 国家公務員局の公式サイトによると、今回の国家公務員試験では合計3万9600人を募集する計画で、募集人数は前年度より2500人増となり、増加率は約6.7パーセントだという。募集全体の状況を見ると、ポストは主に国税、税関、鉄道警察、出入国などの機関に集中している。

  
 紹介によると、今回の国家公務員試験の募集では、基層を重視するという明確な指導方針を堅持し、採用政策と採用計画は基層の一線職と大卒者に傾斜する。新卒者を対象とした計画募集2万6000ポストを設定し、大卒者の就職をサポートし促進する。

 これについて、中国中央党校(国家行政学院)の竹立家(Zhu Lijia)教授は、大卒者の数の増加につれ、公務員試験で新卒者の募集規模を拡大することは必然的な傾向で、これは大卒者に対して、より多元的な選択肢が提供されたことを意味すると見ている。

 さらに、今回の国家公務員試験の募集は、約2万7000ポストを県(区)レベルおよびそれ以下の直属機関に補充し、基層公務員チームをさらに充実させる。
  
「社会経済の発展と人材資源の質の向上に伴い、基層ポストへの応募条件の緩和による人材の基層の一線への移動の奨励が公務員募集の傾向となっている。これは基層の公共サービススタッフの質向上に有利で、同時に基層の公共サービスと公共ガバナンスレベルの全面的な向上にも有利だ」と、竹教授は述べている。

 国家公務員局の公式サイトによると、今回の国家公務員試験の募集では、政治的基準を最優先に置き、新たに採用される人々の政治的素養を厳しくチェックする。受験生の政治的素養の審査・評価を募集の全過程の各方面に貫徹させる。

 同時に、今回の国家公務員試験の募集では、種別・級別試験を堅持し、選考の精度と科学性をさらに向上させている。
  
 面接の方法と内容は、募集機関が募集ポストの性質、特徴などを討論・決定し、職務要求を反映することに重点を置いている。  
 
 一部の募集機関は、受験生の専門能力を評価する。9部門が専門科目の筆記試験を、40部門が面接段階で専門能力テストを実施する。  
 
 竹教授は、それぞれのポストの特性と専門特性に対応するため、公務員の業務素養に対する要求は一定の差がある。「しかし、確かなことが一つある。それは公務員の政治的素養と道徳的素養に対する要求だ。これは非常に重要な点であり、あらゆる職種、レベルの機関の公務員にとっても同様だ」と指摘している。(c)CNS/JCM/AFPBB News