【11月3日 AFP】男子ゴルフのタイガー・ウッズ(Tiger Woods、米国)とロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)が共同で設立したベンチャー企業TMRWスポーツ(TMRW Sports、トゥモロー・スポーツ)が2日、出資者を発表し、米大リーグ(MLB)・ロサンゼルス・エンゼルス(Los Angeles Angels)の大谷翔平(Shohei Ohtani)ら世界的な大物が名を連ねた。

 ウッズとマキロイは8月にTMRWスポーツ設立を発表し、バーチャルで行うゴルフの新リーグ「TGL」の立ち上げを明かした。

 投資メンバーには他に女子テニスのセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams)、フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)、米プロバスケットボール(NBA)のステフェン・カリー(Stephen Curry)、男子テニスのアンディ・マレー(Andy Murray)らが名を連ねた。

 2024年1月開始予定のTGLは、特注会場で18ホールで競われ、テレビ向けに2時間で行われる。会場にはバーチャルでティーショットやアプローチを打つ巨大スクリーンの他、チッピングやパッティングを実際に行う芝生のプレーエリアが設けられる。

 トップ選手の出場が予定されており、マキロイはウッズの参戦を示唆している。(c)AFP