【9月12日 AFP】22MLBは11日、各地で試合が行われ、ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)は11-2でサンディエゴ・パドレス(San Diego Padres)を下し、今季大リーグのプレーオフ進出一番乗りを決めた。

 10季連続のポストシーズンに進んだドジャースは今季の戦績を96勝43敗としており、第1シード獲得が見込まれている。またナ・リーグ西地区制覇へのマジックナンバーは2となった。

 ドジャースはジャスティン・ターナー(Justin Turner)が7回に満塁弾を放つなど、2本塁打5打点の活躍を見せた。

 チームを率いるデーブ・ロバーツ(Dave Roberts)監督は、歴代3番目の長さとなる10シーズン連続のポストシーズン進出に価値はないとし、「認められるべきことだと思う。達成感はある。だが、まだすべきことは多くある」とコメントした。

 その思いもあってか、フィールド上でのセレブレーションやロッカールームでのシャンパンファイトは行われなかった。(c)AFP