【3月21日 AFP】米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のクリーブランド・ブラウンズ(Cleveland Browns)は20日、性的に不適切な行為に及んだ疑いのあるQBデショーン・ワトソン(Deshaun Watson)の獲得を発表した。チームはワトソンの疑惑について「詳細に」調査した上で契約をまとめたと強調している。

 ブラウンズがヒューストン・テキサンズ(Houston Texans)とのトレードでワトソンと5年総額2億3000万ドル(約274億円)と伝えられる契約を結んだことは、NFLに衝撃を与えている。

 リーグでもとりわけ才能豊かなQBと評されるワトソンだが、有料マッサージの最中に性的に不適切な行為に及んだとして、20人以上の女性から告発されている。テキサス州の検察は1週間前に不起訴を発表したが、多くの民事訴訟を起こされており、リーグから重い制裁を科される可能性もある。

 ブラウンズのワトソン獲得に解説者の多くは眉をひそめており、倫理面で擁護できないという意見も出ている。USAトゥデー(USA Today)紙は今回のトレードを「NFLにとって忌むべき汚点」と呼んだ。

 これに対してブラウンズは契約の正当性を主張し、オーナー夫妻は疑惑について慎重に判断した上で獲得したと話している。(c)AFP