【1月28日 AFP】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2022)は28日、混合ダブルス決勝が行われ、大会第5シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(Kristina Mladenovic、フランス)/イワン・ドディグ(Ivan Dodig、クロアチア)組がワイルドカード(主催者推薦)で地元オーストラリアのジェイミー・フルリス(Jaimee Fourlis)/ジェイソン・カブラー(Jason Kubler)組を6-3、6-4で下し、優勝を果たした。

 ムラデノビッチが全豪オープンの混合ダブルスでタイトルを獲得するのは、ダニエル・ネスター(Daniel Nestor、カナダ)とペアを組んだ2014年大会に続いて2回目となった。同大会では2018年と2020年にも女子ダブルスを制している。

 一方、ドディグも四大大会(グランドスラム)の混合ダブルスでは全仏オープン(French Open)で2回、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)で1回優勝しているほか、男子ダブルスでもフリップ・ポラセック(Filip Polasek、スロバキア)と出場した昨年の全豪オープンを含め、頂点に2度立っている。(c)AFP