【1月24日 AFP】21NFLは23日、プレーオフのカンファレンス準決勝が行われ、ロサンゼルス・ラムズ(Los Angeles Rams)はマット・ゲイ(Matt Gay)が終了直前に決勝フィールドゴール(FG)を決め、QBトム・ブレイディ(Tom Brady)を擁する王者タンパベイ・バッカニアーズ(Tampa Bay Buccaneers)を30-27で破った。

 バッカニアーズは3-27のビハインドから試合終了間際に27-27の同点に追いついたが、ラムズはその直後にゲイが30ヤードのFGを成功させて熱戦に勝利した。

 NFC決勝に勝ち進んだラムズは次週、ホームでサンフランシスコ・フォーティナイナーズ(San Francisco 49ers)とスーパーボウル(Super Bowl LVI)進出を懸けて対戦する。フォーティナイナーズは前日、第1シードのグリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)を13-10で倒した。

 44歳のブレイディは、この敗戦で最多記録を更新する8回目のスーパーボウル制覇の夢が絶たれた。

 もう一方の試合では、QBパトリック・マホームズ(Patrick Mahomes)がけん引するカンザスシティ・チーフス(Kansas City Chiefs)が42-36でバッファロー・ビルズ(Buffalo Bills)を退けた。

 試合は残り13秒でビルズのQBジョシュ・アレン(Josh Allen)がガブリエル・デービス(Gabriel Davis)へのタッチダウンパスを通し、36-33と逆転。この時点で勝負はついたかに思われた。

 しかしチーフスはマホームズを中心にFGを狙える距離まで迫って同点とし、オーバータイムに持ち込むと、最初のドライブでマホームズからトラビス・ケルス(Travis Kelce)へのタッチダウンパスが通り、点の取り合いとなった一戦に決着をつけた。

 チーフスは次週のAFC決勝で、シンシナティ・ベンガルズ(Cincinnati Bengals)と対戦する。ベンガルズは前日、第1シードのテネシー・タイタンズ(Tennessee Titans)に19-16で勝利した。(c)AFP