【1月20日 AFP】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2022)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、大会第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)は6-4、6-4、6-0でジョン・ミルマン(John Millman、オーストラリア)に快勝し、3回戦へ駒を進めた。

 四大大会(グランドスラム)初優勝を目指すズベレフは、コート奥からの力強いヒッティングと強烈なサーブで世界ランク89位のミルマンを圧倒し、1時間59分で勝利を決めた。3回戦でズベレフは、予選勝者のラドゥ・アルボット(Radu Albot、モルドバ)と対戦する。

 上位シードでは第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(Matteo Berrettini、イタリア)が6-1、4-6、6-4、6-1でステファン・コズロフ(Stefan Kozlov、米国)を下し勝ち上がると、第14シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov、カナダ)はクォン・スンウ(Kwon Soon-Woo、韓国)との約4時間半に及ぶフルセットの熱戦の末、7-6(8-6)、6-7(3-7)、6-7(6-8)、7-5、6-2で白星を収めた。

 一方で、第10シードのホベルト・ホルカシュ(Hubert Hurkacz、ポーランド)は4-6、2-6、3-6でアドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino、フランス)に屈し、大会から姿を消している。(c)AFP