【5月31日 AFP】全仏オープンテニス(French Open 2021)、女子シングルスに出場中の大坂なおみ(Naomi Osaka)が30日、宣言通りに1回戦終了後の記者会見を拒否したことで、1万5000ドル(約165万円)の罰金を科された。このまま会見拒否を続ければ、大会から追放される可能性もあるという。

 グランドスラム委員会(Grand Slam Board)は、「大坂なおみには、会見の義務を無視し続ければ、規定違反のさらなる結末にさらされると伝えた。違反の繰り返しは、大会からの追放といったさらに厳しい制裁を呼び込み、本格的な調査が始まって、今以上の高額の罰金や、今後の四大大会(グランドスラム)出場停止にもつながる恐れがある」と発表した。

 また、「一方の選手がもう一方より不当に不利な立場に置かれないようにすることは、何よりも重要だが、残念ながら現在は、一方が会見に時間を割くことを拒否し、もう一方だけが対応しなければならない状況になっている」と述べ、大坂の会見拒否は対戦相手を不利な状況にしているとの見解を示した。

 これを受けて、大坂は自身のツイッター(Twitter)を更新し、「怒りは理解の欠如。変化は人を不安にさせる」とさらにかたくなな姿勢を示している。

 グランドスラム4勝を挙げ、女子テニスで最も稼ぐ選手となった大坂は今大会の開幕前、試合後に「落ち込んでいる人間を踏みにじる」ような質問があると明かし、記者会見は精神衛生に良くないと主張して会見を拒否することを発表した。

 これに対して、フランステニス協会(FFT)のジル・モレットン(Gilles Moretton)会長は「とんでもない間違い」と反発。大坂は結局、試合直後のコート上でのインタビューだけには応じることを受け入れた。

 大坂の同胞である錦織圭(Kei Nishikori)は、「良くないことだが、彼女の立場は理解できる。だから善しあし」とコメントしている。

 大坂はパトリシア・マリア・ティーグ(Patricia Maria Tig、ルーマニア)との1回戦に6-4、7-6(7-4)で勝利し、初戦突破を決めた。2回戦では再びルーマニア勢のアナ・ボグダン(Ana Bogdan)と対戦する。(c)AFP/Dave JAMES