【5月1日 AFP】ブラジル・アマゾン(Amazon)熱帯雨林による過去10年間の二酸化炭素(CO2)排出量は、吸収量を20%近く上回ったとする研究論文が4月29日、英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に発表された。人類がもはや、炭素削減を世界最大の熱帯雨林にも頼ることができないことが示された。

 研究チームは、ブラジルのアマゾン川流域で森林の成長に伴い吸収・貯留されたCO2量と、森林伐採や火災、野焼きなどにより大気中に放出されたCO2量を分析。2010年から2019年までの間に排出されたCO2は166億トンに上った一方、吸収量は139億トンにとどまったと結論した。

 論文を共同執筆したフランス国立農学研究所(INRA)のジャンピエール・ウィニュロン(Jean-Pierre Wigneron)氏は「半ば予想していたが、ブラジルのアマゾンで(排出量と吸収量が)反転し、現在は排出が上回ることが数字で示されたのは初めてだ」と説明した。

 論文によると、火災や開墾による森林破壊の面積は2017、18年にはいずれも100万ヘクタールだったが、2019年には4倍近く増加し、オランダの国土面積に相当する390万ヘクタールまで拡大した。INRAは、ブラジルでは2019年のジャイル・ボルソナロ(Jair Bolsonaro)政権発足後に環境保護策が大幅に削減されたと指摘している。(c)AFP