【3月23日 AFP】コロンビアには、現地の言葉で「火の山」の異名を持つ国立公園がある──。8万3000ヘクタールの広さを持つプラセ国立公園(Purace National Natural Park)だ。

 1979年に国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の生物圏保存地域に指定されたプラセ国立公園は、マグダレナ川(Magdalena River)やカウカ川(Cauca River)など、同国の主要な川の水源となっている。また「火の山」という異名が示す通り、公園内や周辺には11の火山がある。(c)AFP