【3月8日 AFP】自転車ロードレース、パリ~ニース(Paris-Nice 2021)は7日、第1ステージ(サンシルレコールからサンシルレコール、166キロメートル)が行われ、ドゥクーニンク・クイックステップ(Deceuninck Quick Step)のサム・ベネット(Sam Bennett、アイルランド)が開幕ステージで勝利した。

 チームのエースであるベネットは、グルパマ・FDJ(Groupama-FDJ)のアルノー・デマール(Arnaud Demare、フランス)、2019年のUCIロード世界選手権大会(2019 UCI Road World Championships)王者であるトレック・セガフレード(Trek Segafredo)のマッズ・ペダーセン(Mads Pedersen、デンマーク)を抑え、この大会で通算ステージ4勝目を挙げた。

 ベネットはデマールに4秒差をつけて総合首位に立ち、マイヨ・ジョーヌをまとって8日の第2ステージに臨む。(c)AFP