【3月1日 AFP】男子テニス、南フランス・オープン(Open Sud de France 2021)は28日、シングルス決勝が行われ、大会第2シードのダビド・ゴフィン(David Goffin、ベルギー)は5-7、6-4、6-2の逆転で第1シードのロベルト・バウティスタ・アグト(Roberto Bautista Agut、スペイン)に勝利し、約3年半ぶりとなるツアー5勝目を挙げた。

 エース13本を決めて勝利した30歳のゴフィンは、「きょうは自分の全てを出した。決勝ではチャンスをつかまないといけないし、それができた」と話し、「難しい時期を過ごしてきたから、このレベルに戻れてうれしい」と続けた。

 ゴフィンにとっては2017年10月の楽天ジャパンオープン(Rakuten Japan Open Tennis Championship 2017)以来となるツアー優勝で、全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2021)ではアレクセイ・ポピリン(Alexei Popyrin、オーストラリア)に敗れて1回戦敗退に終わっていただけに、自信回復につながる優勝となった。(c)AFP