【2月20日 AFP】2021年2月、アラブ首長国連邦(UAE)の「ホープ(Hope)」、中国の「天問1号(Tianwen-1)」両火星探査機が相次いで火星の周回軌道に到達し、米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサビアランス(Perseverance)」が火星への着陸に成功した。

 地球がある太陽系の中で、生命体や過去の生命の痕跡が見つかる可能性が最も高い場所について、図にまとめた。(c)AFP