【10月14日 AFP】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間13日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は108万1902人に増加した。

【あわせて読みたい】コロナ「野放し」の集団免疫戦略は非倫理的 WHOが警告

 中国で昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生して以降、これまでに196の国・地域で少なくとも3786万720人の感染が確認され、少なくとも2618万4600人が回復した。

 この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。

 12日には世界全体で新たに4126人の死亡と29万7637人の新規感染が発表された。死者の増加幅が最も大きいのはインドの706人。次いで米国(320人)、アルゼンチン(318人)となっている。

 最も被害が大きい米国では、これまでに21万5089人が死亡、780万4643人が感染し、少なくとも310万6728人が回復した。

 次いで被害が大きい国はブラジルで、死者数は15万689人、感染者数は510万3408人。以降はインド(死者10万9856人、感染者717万5880人)、メキシコ(死者8万3945人、感染者82万1045人)、英国(死者4万2875人、感染者61万7688人)となっている。

 人口10万人当たりの死者数が最も多いのはペルーの101人。次いでベルギー(88人)、ボリビア(71人)、スペイン(71人)となっている。

 香港とマカオ(Macau)を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万5591人、回復者数は8万729人。

 地域別の死者数は、中南米・カリブ海(Caribbean Sea)諸国が37万395人(感染1015万1027人)、欧州が24万3261人(感染661万7027人)、米国・カナダが22万4714人(感染798万7348人)、アジアが15万3780人(感染927万4971人)、中東が5万463人(感染221万1367人)、アフリカが3万8295人(感染158万6346人)、オセアニアが994人(感染3万2634人)となっている。

 各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。(c)AFP