【8月31日 AFP】19-20NBAは30日、プレーオフの試合が行われ、ロサンゼルス・クリッパーズ(Los Angeles Clippers)は111-97でダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)を退け、カンファレンス1回戦(7回戦制)を突破した。

 クリッパーズは後半の頭に20点を挙げる中で失点を3に抑え77-54とすると、第4クオーターにルカ・ドンチッチ(Luka Doncic)を中心に反撃するマーベリックスに一時6点差に詰め寄られたが、その後に再び引き離した。通算戦績を4勝2敗としたクリッパーズは、これで西カンファレンス準決勝進出を決めている。

 クリッパーズでは、昨季ラプターズでファイナルMVPを獲得したカワイ・レナード(Kawhi Leonard)が33得点、14リバウンド、7アシスト、5スティールを記録した。

 けが人に悩まされたマーベリックスでは、21歳のドンチッチが38得点と奮闘した。第1クオーター終盤には、ドライブを仕掛けたドンチッチの頭をクリッパーズのマーカス・モリス(Marcus Morris)がはたき、フレグラントファウルで退場になる場面もあった。

 東カンファレンスでは、ボストン・セルティックス(Boston Celtics)が昨季ファイナル覇者トロント・ラプターズ(Toronto Raptors)との準決勝(7回戦制)初戦を制した。

 セルティックスはジェイソン・テイタム(Jayson Tatum)とマーカス・スマート(Marcus Smart)が21得点を稼ぎ、112-94でラプターズに勝利。ケンバ・ウォーカー(Kemba Walker)は18得点、10アシスト、ジェイレン・ブラウン(Jaylen Brown)は17得点をマーク。ダニエル・タイス(Daniel Theis)は13得点、15リバウンドを獲得した。(c)AFP