【8月25日 AFP】在香港の米総領事館の職員が25日午後、建物外で男1人から襲撃された。警察と同領事館が明らかにした。

 香港の警察当局は、同日昼過ぎに襲撃の通報を受けたとしている。職員は頭部に出血を伴うけがをし、襲撃に及んだ男は逃走したという。

 同領事館は、職員1人が「身元不明の人物による襲撃を受けた」と認めた。

 その一方で、「職員のけがは命に関わるものではない。現時点で、襲撃犯の動機を臆測することはできない」としている。

 かつて安定への導き手ともみなされた香港では、時に暴力沙汰にも発展した昨年の大規模な民主化デモを経て、苦い分断と二極化が進んでいる。(c)AFP