【6月8日 AFP】今週末から行われるラグビーのニュージーランド大会「スーパーラグビー・アオテアロア(Super Rugby Aotearoa)」が、観客の入場制限を設けずに開催されることが分かった。大会主催者は、新型コロナウイルスの感染拡大後では世界初の試みだと自負している。

 ニュージーランドラグビー協会(NZR)は「スーパーラグビー・アオテアロアは世界のプロラグビーで初めて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代に多くのファンを戻して行う大会となる。リーグは土曜日(13日)にダニーデン(Dunedin)でキックオフする」と発表した。

 大会にはニュージーランドカンファレンスに所属する5チームが参加し、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で中断中のスーパーラグビーに代わる一時的な国内大会という位置付けになっている。(c)AFP