【5月19日 AFP】ロシアの新型コロナウイルスの感染者数は世界で2番目に多いが、報告されている死者数は、フランス、イタリア、スペインなどの10分の1にとどまっている。なぜ、ロシアの致死率はこんなにも低いのだろうか。

 ロシアの資金不足の医療システムが、米国や西欧諸国の医療システムよりも流行抑制に成功しているとは信じがたいため、ロシア当局が死者数を実際よりも少なく数えて、危機の規模を小さく見せようとしているとの批判もある。

 だが当局は、新型コロナウイルスが直接の死因となった死者のみを数えているとして、統計の改ざんを否定している。また、ロシアでは流行の波が遅れてきたため、西欧諸国の経験から教訓を学ぶことができたとも説明している。

 なぜ、ロシアは感染率が同程度の国に比べ報告されている死者数が少ないのだろうか。

■隠された死者?

 18日時点で、ロシアで確認された新型コロナウイルスの感染者は29万678人、死者数は2722人となっている。感染者数では米国に次ぎ世界第2位だが、累計死者数では世界第19位、人口100万人当たりの死者数では第65位にとどまっている。

 また統計によると、首都モスクワの4月の死者数は1万1846人で昨年同月よりも1841人多かったが、そのうち新型コロナウイルスによる死者は639人のみとなっている。

 モスクワ市保健当局は13日、「致死率を月単位で比較することは不適切であり、何らかの傾向を示す明白な証拠にはならない」とし、数字の操作を否定した。

 重要なのはモスクワ当局が、新型コロナウイルスによる死者の登録手法が他国の手法と異なるとしている点だ。