【2月18日 AFP】ストックカーレース、NASCARシリーズの開幕戦デイトナ500(Daytona 500)は17日、米フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(Daytona International Speedway)で決勝レースが行われ、ラウシュ・フェンウェイ・レーシング(Roush Fenway Racing)のベテランドライバー、ライアン・ニューマン(Ryan Newman)が重傷を負う恐ろしいクラッシュが発生した。

 レースは、ジョー・ギブス・レーシング(Joe Gibbs Racing)のデニー・ハムリン(Denny Hamlin)が写真判定の僅差で2年連続3度目の優勝を果たした。デイトナ500では1995年のスターリング・マーリン(Sterling Marlin)氏以来の連覇となったが、最終周ではニューマンが病院に運ばれる大事故が起こり、優勝の喜びを爆発させることはなかった。

 フォード(Ford)のマスタング(Mustang)に乗っていた42歳のニューマンは、最終ラップまでトップを走行していたが、制御を失って壁に激突すると、車体は逆さまに転がって火に包まれた。別の車にもぶつかって宙を舞ったマシンの元には数台の救急車が投入され、スタッフがニューマンを車から救出する際には、現場の周辺に黒いシートが張られた。

 NASCARのスティーブ・オドネル(Steve O'Donnell)副会長は事故後、地元の病院に搬送されたニューマンの容体は深刻だが、命を脅かすけがではなかったと明かしている。ライバル選手たちはニューマンの状態を不安視し、ハムリンは「選手たちは皆、最善を祈っている」とコメントした。(c)AFP