【9月4日 AFP】ラグビースコットランド代表のグレガー・タウンセンド(Gregor Townsend)ヘッドコーチ(HC)は3日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた代表メンバー31人を発表し、HOスチュワート・マクナリー(Stuart McInally)がキャプテンに選ばれた。

 マクナリーは、FLジョン・バークレー(John Barclay)やSHグレイグ・レイドロー(Greig Laidlaw)を抑えての選出となった。

 その一方で、CTBのヒュー・ジョーンズ(Huw Jones)とWTBロリー・ハッチンソン(Rory Hutchinson)が選出外となり、目を引いている。特にハッチンソンは、44-10で勝利した先月31日のジョージア戦でテストマッチ初先発を果たし、2トライを挙げていた。

 タウンセンドHCは「候補メンバーのクオリティーを考えれば、難しい人選がいくつもあった。そうした中で、守備でしっかりと貢献でき、闘争心の強い選手を選ぶようにした」とコメントした。「今回落選したメンバーの中には非常に優れた選手もいる。しかし、彼らはハードワークを続けなくてはいけないと理解している。W杯ではチャンスが急に訪れるかもしれないから」

 本大会でプールAに入っているスコットランドはアイルランドと初戦を行い、その後サモア、ロシア、日本と対戦する。

 ラグビーW杯日本大会に臨むスコットランドの代表メンバーは以下の通り。

■フォワード(17人)
ジョン・バークレー
サイモン・バーガン(Simon Berghan
フレイザー・ブラウン(Fraser Brown
スコット・カミングス(Scott Cummings
アラン・デル(Allan Dell
ザンダー・フェーガソン(Zander Fagerson
グラント・ギルクリスト(Grant Gilchrist
ジョニー・グレイ(Jonny Gray
スチュワート・マクナリー
ウィレム・ネル(Willem Nel
ゴードン・リード(Gordon Reid
ジェイミー・リッチー(Jamie Ritchie
ブレイド・トムソン(Blade Thomson
ベン・トゥーリス(Ben Toolis
ジョージ・ターナー(George Turner
ハミッシュ・ワトソン(Hamish Watson
ライアン・ウィルソン(Ryan Wilson

■バックス(14人)
ダーシー・グラハム(Darcy Graham
クリス・ハリス(Chris Harris
アダム・ヘイスティングス(Adam Hastings
スチュアート・ホッグ(Stuart Hogg
ジョージ・ホーン(George Horne
ピーター・ホーン(Peter Horne
サム・ジョンソン(Sam Johnson
ブレア・キングホーン(Blair Kinghorn
グレイグ・レイドロー
ショーン・メイトランド(Sean Maitland
アリ・プライス(Ali Price
フィン・ラッセル(Finn Russell
トミー・シーモア(Tommy Seymour
ダンカン・テイラー(Duncan Taylor

(c)AFP