【8月12日 AFP】テニス、ロジャーズ・カップ(Rogers Cup 2019)は11日、女子シングルス決勝が行われ、大会第8シードのセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)がわずか4ゲームで涙の負傷棄権を強いられ、地元カナダの19歳、ビアンカ・アンドリースク(Bianca Andreescu)が優勝を果たした。

 セレーナは、1ブレークダウンのゲームカウント1-3の段階で腰痛のため試合を続けられず、メディカルタイムアウトを要求したが、1分とたたないうちに審判から棄権が発表された。ベンチへ近づいてきたアンドリースクに励ましの言葉をかけられたセレーナは、涙をこらえながら抱擁を交わした。

 試合後のインタビューで、セレーナは声を震わせながら、観客に向かって「ごめんなさい、きょうはプレーできなかった」「頑張ったけど無理だった」と話した。

「続けられないと分かっていた」と話す腰の痛みは、逆転勝利を収めた準決勝の時点で感じていたが、「そこから悪化した」「腰全体が完全に張っていて、夜も眠れず、体も動かせないほどだった」という。出産後初となるツアー73勝目を目指していたこともあって、「ここまで来たのだから試してもみないのはイヤだった」と試合前に数時間の治療を受けて強行出場したが、やはりプレーは不可能だった。

 それでも、マーガレット・コート(Margaret Court)氏に並ぶ四大大会(グランドスラム)最多24勝目が懸かる月末からの全米オープンテニス(The US Open Tennis Championships 2019)については、回復が間に合うはずだと考えている。

 37歳のセレーナは、2017年9月に長女を出産。しかし、出産前に出場した同年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)を最後にタイトルから遠ざかり、今季は膝の負傷に悩まされて出場試合数も多くない。グランドスラムでは復帰後に3回決勝に進出しているが、なかなか優勝には手が届かず、7月のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2019)も決勝でシモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)に敗れた。

 一方のアンドリースクは、1969年のフェイ・アーバン(Faye Urban)氏以来となる地元カナダ勢による大会制覇を果たしたが、喜び半分の快挙達成となった。優勝スピーチではセレーナに直接呼びかけ、「負傷棄権を強いられる気持ちは私も分かる」「こんな優勝の仕方も、あなたの棄権も予想していなかった。あなたのプレーはずっと見てきたし、コートの中でも外でも、あなたは真のチャンピオン」とコメントした。

 アンドリースクは3月のBNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2019)で、大会史上初めてワイルドカード(主催者推薦)として優勝を果たし、一躍脚光を浴びたが、それに続く今季2個目のビッグタイトル獲得となった。

 しかしながら、試合後には今週開催されるウェスタン&サザンオープン(Western & Southern Open 2019)を欠場すると発表。「一度も行ったことがない場所なので、大会を棄権するのは非常に残念」「いまは体の声に耳を傾けないといけない。この1週間は楽ではなかった」とコメントしている。(c)AFP