【7月14日 CNS】中国・湖北省(Hubei)で、有毒で常習性があるケシの実が「やみつきになる火鍋の特製スープ」の材料として使われ、レストランで提供されていたことが分かった。同省公安庁が発表した2018年の食品偽装にまつわる摘発・検挙についての報告で明らかになった。ケシの実は、アヘンやモルヒネの原材料になるものもある。

【編集部おすすめ】年収1300万円 成都の火鍋店が「ネットセレブ」募集

 報告によると、湖北省襄陽市(Xiangyang)城北街にあるレストラン「鮮香魚」は、料理が評判で各地から客が訪れていた。2018年1月、地元警察はこの店について「変わった味だが、食べるとやみつきになってしまう」という通報を受け、直ちに捜査を開始。料理や火鍋の調味料などを湖北省検査検疫局の技術センターに送ったところ、有毒なケシの実の成分が検出された。

 取り調べでレストラン経営者は、襄陽市高新区の調味料卸売店「四季青乾菜城」からスパイスとケシの実の殻を購入し、火鍋のだしなどに違法に使っていたと認めた。警察が調味料卸売店を捜索したところ、店の1階と2階の間に隠された収納部屋から12キロのケシの実の殻を見つけ、押収した。

 捜査の結果、2016年以降、レストラン経営者は卸売店の経営者から何度もスパイスとケシの実の殻を購入し、それを混ぜて「特製スープ」を作っていたことがわかった。自分の店で提供していただけでなく、襄陽周辺や湖南省(Hunan)、四川省(Sichuan)、重慶市(Chongqing)などへも販売していたという。

 2018年11月5日、襄陽市人民法院の裁判で、レストラン、卸売店の双方の経営者に懲役6月、罰金3万元(約46万円)が言い渡された。(c)CNS/JCM/AFPBB News