【5月30日 AFP】中国・成都(Chengdu)で行われたユース世代のサッカー大会において、優勝したU-18韓国代表の選手1人が足でトロフィーを踏んで喜んでいる写真が公開されたことを受け、同チームの選手やスタッフが「中国の全国民」に謝罪した。

 ユースの国際大会「パンダ・カップ(Panda Cup 2019)」に出場していた韓国代表は、29日に行われた中国戦に3-0で勝利し優勝を決めたが、試合後に見せた敬意を欠く行為が批判の対象となった。

 足でトロフィーを踏む様子を捉えた写真は中国メディアやSNSで騒動になり、大会組織委員会は、韓国側の振る舞いについて「重大な侮辱行為だ」と批判した。

 成都のサッカー協会は早急な謝罪を求め、年に1度の同大会に今後は韓国を招待しないとほのめかした。

 その後、韓国の選手やスタッフは同日夜、滞在中のホテルで公に謝罪。全員が深く頭を下げると、チームスタッフの1人が「まず初めに、われわれの選手の1人が大きな過ちを犯した今回の件について謝罪します」と述べた。

 さらに英語で「改めて今回の過ちについて謝罪します。すべての選手やファン、そして中国の全国民に深くおわびします」「中国サッカー協会(CFA)と大韓サッカー協会(KFA)の良い関係が今後も続くことを願います」と続け、「改めて謝罪します」と頭を下げた。

 トロフィーを足で踏む様子が撮影されたと思われる選手も謝罪文を読み、頭を下げた。

 しかし、あるカメラマンは優勝を喜ぶ韓国の選手たちはトロフィーに向かって小便するふりをしていたとも話しており、今回の騒動が収拾するかどうかは不明だ。すでにCFAはアジアサッカー連盟(AFC)に対し、韓国選手の問題の行為について提訴している。(c)AFP