【3月20日 AFP】米フェイスブック(Facebook)傘下の写真共有アプリ、インスタグラム(Instagram)は19日、一部のブランド企業の投稿画像に写っている商品をアプリ内で購入できる機能を試験的に導入した。当面の運用は米国内限定。新たな収益源としてネット通販市場に参入する構えだ。

 これまではインスタグラムで紹介された商品を購入したい場合、リンクを通じて外部の通販サイトに移動する必要があったが、今後は「チェックアウト」ボタンをタップするだけで、商品のサイズや色を選択でき、インスタグラムのアプリ内で支払いを済ませることが可能になる。

 この新機能と提携するブランドは、アディダス(Adidas)、バーバリー(Burberry)、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)、H&M、ナイキ(NIKE)、オスカー・デ・ラ・レンタ(Oscar de la Renta)、プラダ(Prada)、ワービー・パーカー(Warby Parker)など。(c)AFP