【6月29日 AFP】(更新)欧州連合(EU)は29日、ベルギーのブリュッセルで開いた首脳会議で、徹夜の激しい議論の末に移民・難民問題をめぐって合意に達した。欧州理事会(European Council)のドナルド・トゥスク(Donald Tusk)常任議長(EU大統領)が明らかにした。

 トゥスク氏は「EU加盟28か国の首脳は、#euco(欧州理事会)で移民問題を含む結論に同意した」とツイッター(Twitter)に投稿した。

 ルクセンブルクのグザビエ・ベッテル(Xavier Bettel)首相も「移民に関する協定が合意された」と表明。エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は、「欧州の協力によって合意ができた」と述べた。

 28日午後3時(日本時間29日午前0時)に始まったEU首脳会議は、先月発足した反移民を掲げるイタリアのポピュリスト政権を率いるジュゼッペ・コンテ(Giuseppe Conte)首相が、移民の受け入れに関する負担の分担を強く要求。結論の合意に拒否権を発動するという異例の行動に出たことで議論が沸騰し、12時間にわたって協議が続けられていた。

 コンテ首相は29日の合意後、記者団に「イタリアはもはや孤独ではない。われわれは満足している」と語った。

 28か国の首脳は、移民がEU行きの密航船に乗り込むのを思いとどまらせるための措置として、EU域外に「入国プラットフォーム」の設置を検討することで合意した。設置場所は北アフリカになる可能性が最も高いという。

 また、経済移民として送還するか、難民として協力国が受け入れるかを判断する移民申請の処理施設を、加盟国が任意で設置することや、移民の流入をめぐって連立政権内からの反発に直面するアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相に譲歩し、イタリアなどEU諸国で登録された移民がドイツに移動するのを阻止する方向でも合意した。

 メルケル首相は合意内容を歓迎し、「今日を終えて楽観的になった。やらなければならないことがたくさんあるが、われわれは今こそ、異なる見解さえ克服して、本当に取り組みを進めることができる」と述べた。(c)AFP/Danny KEMP, Lachlan CARMICHAEL