【12月18日 CNS】中国・北京市(Beijing)環境保護局によると、北京市は補助金などの方法を採用し、排気ガス量が多い大型のディーゼル車の老朽車両の段階的廃止を進めている。

 北京市内では今年1〜11月末までで、44万7000台の車両が対象になった。すでに15億元(約254億円)以上を投下しているという。(c)CNS/JCM/AFPBB News