【10月27日 AFP】現在インドで開催されているサッカーU-17W杯(2017 FIFA U-17 World Cup)の観客動員数が、28日に行われるイングランド対スペインの決勝戦で大会最多記録を塗り替えることが明らかになった。2019年に控えるU-20W杯(2019 FIFA U-20 World Cup)の開催国に立候補している同国にとっては、大きな弾みとなる。

 U-17W杯の大会主催者は26日、コルカタ(Kolkata)で行われる決勝戦と3位決定戦では満員の6万7000人の観客が詰めかける見通しと発表。今大会にはすでに計122万人の観客が訪れており、中国で行われた1985年大会の最多記録123万人まであと数千人に迫っている。

 さらに、ソルトレイク・スタジアム(Salt Lake Stadium)で行われる28日の2試合が満員となれば、2011年に計130万人の観客を集めたU-20W杯コロンビア大会(FIFA U-20 World Cup Colombia 2011)の記録をも上回ることになる。

 母国はグループステージ全敗という結果に終わったにもかかわらず、多くの集客を記録している状況を受け、全インドサッカー連盟(All India Football Federation)のプラフル・パテル(Praful Patel)会長も「最高にうれしい」と喜びの声を上げている。(c)AFP