■露大統領が即時停戦要求

 住民の大半がアルメニア系である山地のナゴルノカラバフ地域は、アルメニア政府の支援を受け1991~94年の戦闘を経てアゼルバイジャンから分離した。戦闘の犠牲者は約3万人とされており、両国は94年に停戦合意したものの、和平合意には至っていない。

 ナゴルノカラバフは、国際的には今もアゼルバイジャンの一部とされている。両国はこれまでも前線を挟んで戦闘を繰り返してきたが、今回の大規模な戦闘を受け、国際社会は必死に両国に和平を促している。

 アゼルバイジャン軍はナゴルノカラバフの高台数か所と1つの村を掌握したと主張しているが、アルメニア政府は「偽の情報だ」として否定している。

 ロシア政府は、今回の戦闘激化を受け、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)露大統領が両国に即時停戦を要求したと発表した。

 ドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)露大統領報道官は同国の報道機関に、「プーチン大統領は両国に即時停戦を要求し、これ以上被害を拡大させないよう自制を促した」と述べた。

 ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相とセルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相は、それぞれアルメニアとアゼルバイジャンの外相・国防相と電話会談し、戦闘の沈静化を促したという。

 一方、ロシア、米国、フランスと欧州安保協力機構(OSCE)の代表で構成され、両国の和平交渉と合意の仲介努力を行ってきたグループは、今回の戦闘激化を受け「深く懸念している」と述べた。

 エネルギー資源が豊富で、かつてアルメニアの総国家予算を超える金額を軍事に費やしていたアゼルバイジャンは、和平交渉が決裂すれば、ナゴルノカラバフを軍事的に取り返すことも辞さないと繰り返し表明してきた。しかしロシアが支援するアルメニアは、どのような攻撃を受けようと相手側を壊滅できると主張している。

 2014年11月には、アゼルバイジャンがアルメニアの軍用ヘリコプターを撃墜したことから戦闘が発生していた。(c)AFP/Mariam Harutyunyan with Emil Guliyev in Baku