【9月29日 AFP】英南西部のウェストン・スーパー・メア(Weston-super-Mare)で28日、同国の覆面アーティスト、バンクシー(Banksy)による「ディストピア(反ユートピア)」を主題とした期間限定のテーマパーク「ディズマランド(Dismaland)」の解体作業が行われた。設備の一部はフランス北部カレー(Calais)近くにある移民キャンプに輸送され、シェルターとして利用される予定だと主催者側は発表している。

 おとぎ話の城の廃墟や、つぶれたシンデレラの馬車、ミッキーマウス(Mickey Mouse)の耳を付けたみすぼらしい係員などが見られるディズマランドは、「ビミューズメントパーク(困惑する遊園地)」として、商業化された観光客用のアトラクションを風刺するために作られた。5週間で15万人が訪れ、27日に閉園した。

 閉園後は解体が進められ、設備の一部はカレーの移民キャンプに送られる。カレーでは、内戦下にあるシリアなどから渡ってきた数千人の移民らが、英国に入国することを希望しながら、惨めな生活を余儀なくされている。

 ディズマランドのウェブサイトには現在、「Coming soon... Dismaland Calais(近日開園…ディズマランド・カレー)」とのメッセージが書かれている。

 25日夜には「ディズマランド」で閉園コンサートが開かれ、ロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」や、米ヒップホップグループ「デ・ラ・ソウル(De La Soul)」、英ロックバンド「ブラー(Blur)」のデーモン・アルバーン(Damon Albarn)らが出演した。(c)AFP