■死を招く砂漠の砂塵

 レリーベルド氏はまた、農業用化学肥料の「興味深い」関与についても強調している。

 ロシア、米国東部、東アジアなどにおける2.5ミクロン以下の微小粒子状物質(PM2.5)の大気汚染は、その大半が農業物資に起因している。1ミクロンは、100万分の1メートルだ。このPM2.5は、化学肥料から放出されるアンモニアと、自動車の排気ガス中の危険な硫酸塩や硝酸塩が結合してつくられる。

 研究チームによると、欧米諸国ではこの結合反応が致命的な問題になっている。大気汚染関連の死亡のうち、排気ガスを原因とするものの割合は、世界平均が約5%であるのに対し、英国、ドイツ、米国では約20%に達していることが、研究チームによる試算で示唆された。

 研究では、大気汚染度の測定結果、人口と保健に関する統計、汚染大気物質を吸入することの健康リスクに関するデータなどを組み合わせるコンピューターモデルが使われた。

 過去の研究は、主に欧米での条件をベースに行われていたが、今回の研究では、中国の一部など、より汚染度の高い地域での各種リスクに関するデータも組み込まれているため、これまでで最も完成度が高いとレリーベルド氏は説明した。

 地球上の致命的な大気汚染の発生源となっているのは、人間の活動によるものばかりではない。大気汚染による死者の少なくとも10人に1人は、砂漠の砂塵に関連していると研究チームは補足している。(c)AFP/Joshua MELVIN