【8月14日 AFP】独スポーツ用品大手アディダス(Adidas)は13日、米プロバスケットボール協会(NBA)のスター選手ジェームス・ハーデン(James Harden)と、総額2億ドル(約249億円)にも上るスポンサーシップ契約に合意したことを明かし、ライバルのナイキ(Nike)に大打撃を与えている。

 ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)の主力である25歳のハーデンとアディダスの契約は、10月1日から13年間有効だという。

 アディダスは、契約金額を明かすことはないとしているものの、米スポーツ専門チャンネルESPNが2億ドルという数字を報じた。

 同社の広報担当者は、「パートナーシップが始まれば、ハーデンには世界的にアディダスの広告塔になってもらう。これはNBAの新シーズン開幕とも重なるはずだ」とすると、「シューズとウエアラインの開発についても、重要な役割を担ってもらう」と続けた。

 昨年、アディダスはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)と10年総額7億5000万ポンド(当時約1300億円)のキットパートナー契約を交わしている。

 同社は北米で存在感を示して、ナイキやアンダーアーマー(Under Armour)ら競合他社と張り合おうとしている。(c)AFP