【10月2日 AFP】第17回アジア競技大会(17th Asian GamesAsiad)、女子ボクシングのライト級で3位に入ったインドのサリタ・デビ(Sarita Devi)が1日、審判の判定基準に異議を唱え、銅メダルの受け取りを拒否した。

 ライト級に出場したデビは、銅メダルの受け取りを拒むと、疑惑の判定の末に敗れた準決勝の相手パク・チンア(Park Ji-Na、韓国)の首にメダルをかけた。

 この行為について、国際ボクシング協会(International Boxing AssociationAIBA)はデビを厳しく非難し、懲罰の対象としている。

 AIBAの技術部門責任者デビッド・フランシス(David Francis)氏は声明で、「一連の事件は、当該選手とそのチームの念入りなシナリオ通りに行われており、競技で何が起こったとしても、ボクサーがメダルを拒否する姿を見るのは遺憾である」と述べた。

 9月30日に行われた試合では、デビが圧倒的優位に立ちながらもパクに敗れるという大きな疑惑が残り、同選手の夫が警備員を制しながら激しく罵倒し執拗(しつよう)に抗議する場面があった。

 その翌日、デビは両手を組んで下を向いたまま表彰台に上り、号泣した。

 そして、銅メダルが授与される際にも涙が止まらず、泣きじゃくりながらメダルを受け取らないと表明したデビは、大会関係者が首にメダルを2度かけようとしたものの、応じようとはしなかった。

 ほかの選手にメダルが授与されたあと、デビは表彰台から降りて銅メダルを受け取ると、銀メダリストのパクに握手を求めた。

 デビは困惑したパクに銅メダルをかけると、笑顔をみせて集まったインドのサポーターに手を振った。

 デビはAFPの取材に対し、「『これは、あなたと韓国全員のものよ。銅メダルは、あなたにこそふさわしい』と話しました」と語った。

「彼女の首にメダルをかけたら、ほっとしました。あのメダルは欲しくなかった。今はハッピーです」

「あれは、世界中のスポーツ選手、男女全員のために、スポーツ界の不正に対して抗議したものです」

 一方、困惑したパクは、混乱して何が起きているのか分からなかったとしており、「彼女が何か言っていましたが、分かりませんでした」とコメントした。

「デビが、私にメダルをかけました。メダルを返そうとしましたが、拒否されました」

「私がどうしたらいいか分からないでいると、誰かがメダルを表彰台に置くように言いました」