【7月9日 AFP】サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)準決勝のブラジル戦で、ドイツ代表のミロスラフ・クローゼ(Miroslav Klose)が大会得点数歴代1位となる通算16ゴール目を挙げた。

■W杯通算得点ランキング

16ゴール:ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)

15ゴール:ロナウド(Ronaldo、ブラジル)

14ゴール:ゲルト・ミュラー(Gerd Mueller、ドイツ)

13ゴール:ジュス・フォンテーヌ(Just Fontaine、フランス)

12ゴール:ペレ(Pele、ブラジル)

11ゴール:ユルゲン・クリンスマン(Juergen Klinsmann、ドイツ)、シャーンドル・コチシュ(Sandor Kocsis、ハンガリー)

10ゴール:ガブリエル・バティストゥータ(Gabriel Batistuta、アルゼンチン)、テオフィロ・クビジャス(Teofilo Cubillas、ペルー)、グジェゴシ・ラトー(Grzegorz Lato、ポーランド)、ギャリー・リネカー(Gary Lineker、イングランド)、トーマス・ミュラー(Thomas Muller、ドイツ)、ヘルムート・ラーン(Helmut Rahn、ドイツ)

9ゴール:アデミール(Ademir、ブラジル)、ロベルト・バッジョ(Roberto Baggio、イタリア)、エウゼビオ(Eusebio da Silava Ferreira、ポルトガル)、ジャイルジーニョ(Jair Ventura Filho aka Jairzinho、ブラジル)、レオニダス(Leonidas、ブラジル)、パオロ・ロッシ(Paolo Rossi、イタリア)、カール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge、ドイツ)、ウーベ・ゼーラー(Uwe Seeler、ドイツ)、フアン・アルベルト・スキアフィーノ(Juan Alberto Schiaffino、ウルグアイ)、ヴァヴァ(Vava、ブラジル)、クリスティアン・ヴィエリ(Christian Vieri、イタリア)、ダビド・ビジャ(David Villa、スペイン)

(c)AFP