【4月18日 AFP】米大リーグ(MLB)、シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)の崔志萬(チェ・ジマン、Choi Ji-Man)一塁手が、禁止薬物の使用により50試合の出場停止処分を受けていることが17日、明らかになった。

 22歳の崔は、薬物検査でパフォーマンス向上効果のあるステロイド「メタンジエノン(methandienone)」が体内から検出され、すぐさま無給での出場停止処分が科された。

 崔は2013年11月にマリナーズの40人枠に入ったが、今季はシアトル(Seattle)近郊に本拠地を置く3Aタコマ・レイニアーズ(Tacoma Rainiers)で開幕を迎えていた。

 韓国・仁川(Incheon)出身の崔は、今季ここまで3Aで10試合に出場し、打率3割9分4厘、1本塁打、5打点を記録していた。また、40打席で7四球、6三振となっている。

 マリナーズはこの日、ロードでテキサス・レンジャーズ(Texas Rangers)に6-8で敗れた。レンジャーズ戦3連敗でシーズン成績は7勝8敗と負けが先行し、ア・リーグ西地区でロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(Los Angeles Angels of Anaheim)に次ぐ4位に転落している。(c)AFP