■ビットコインは「不安定な状況」に

 米ジョージ・ワシントン大学(George Washington University)の政治経済学者ヘンリー・ファレル(Henry Farrell)氏は、他の通貨と同じく、ビットコインも信頼を得る必要があると指摘する。

「人々がパニックになり、今回の出来事がビットコイン経済全般の問題を示していると思い始めると、2009年の世界的な金融危機のような状況に多少似てくるだろう。全面的な自己強化型のパニックが起きることもありうる」

 ファレル氏は、現在のビットコインは「不安定な状況」にあり、生き残るためにはこの危機を乗り越える必要があると述べる。だが一方で、ビットコインが「おもちゃの通貨」以上のものになる可能性はないと同氏はみている。

 投資ニュースレターを発行するピーター・リーズ(Peter Leeds)氏は、MtGoxの崩壊により、投資意欲がそがれる一方でビットコインの規制を求める声が高まるだろうと分析した。