【12月21日 AFP】米女優ケイティ・ホームズ(Katie Holmes)さんと離婚した後、雑誌2誌に「娘スーリ(Suri)ちゃんを捨てた」との記事を掲載された米俳優トム・クルーズ(Tom Cruise)さんが2誌とその出版元を相手取って名誉毀損で5000万ドル(約52億円)の賠償金の支払いを求めていた訴訟で、クルーズさんの弁護士は20日、1年以上に及んだ裁判の末に和解が成立したことを明らかにした。

 前妻のホームズさんが離婚を申請した翌月の昨年7月、ドイツのバウアー・パブリッシング(Bauer Publishing)が米国で出版する「イン・タッチ(In Touch)」と「ライフ・アンド・スタイル(Life & Style)」の2誌は、「父に捨てられ、涙を流すスーリちゃん」という見出しを付けた記事を泣き顔のスーリちゃんの写真と共に掲載していた。両親の離婚後、スーリちゃんはホームズさんと共にニューヨーク(New York)で暮らしている。

 クルーズさんの弁護士、バート・フィールズ(Bert Fields)氏はAFPに電子メールで送った声明の中で、「バウアー・パブリッシングおよび同社が米国で出版する2誌を相手取ったクルーズ氏の裁判は和解に達した。和解条件は公表しない」と述べた。

 和解の条件は明らかになっていないが、米芸能情報サイト「TMZ」によると、双方はそれぞれが自らの裁判費用を負担することで合意したという。

 訴えられた2誌とその出版元は、「トム・クルーズ氏が娘のスーリちゃんとの関係を絶ってスーリちゃんを捨てた、と報じる意図は全くなかった。出版された内容からそのように推論した人がいたとすれば極めて遺憾だ」などとする共同声明を発表した。

 クルーズさんは急スピードで展開した恋愛期間を経てパリ(Paris)のエッフェル塔(Eiffel Tower)の下でホームズさんにプロポーズし、2人は2006年11月に結婚。しかしホームズさんは昨年6月に突然離婚を申請し、それから2週間足らずで2人は離婚していた。(c)AFP