【12月2日 AFP】13-14イングランド・プレミアリーグは1日、第13節の試合が行われ、トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)とマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は2-2で引き分けた。

 ユナイテッドは、ウェイン・ルーニー(Wayne Rooney)が2度の同点弾を決めて追いつき、試合を引き分けに持ち込んだ。

 ネマニャ・ビディッチ(Nemanja Vidic)が脳振とうから復帰したものの、ユナイテッドは負傷のロビン・ファン・ペルシー(Robin Van Persie)を欠き、香川真司(Shinji Kagawa)がルーニーのサポート役に入った。

 トッテナムはカイル・ウォーカー(Kyle Walker)のFKとサンドロ(Sandro Ranieri Guimaraes Cordeiro)の強烈な得点で2度のリードを奪ったが、その度にユナイテッドはルーニーのゴールで追いつき、公式戦での無敗記録を12試合に伸ばした。

 デビッド・モイーズ(David Moyes)監督率いるユナイテッドはありがたく勝ち点1を手にして敵地ホワイト・ハート・レーン(White Hart Lane)を後にしたが、12節のカーディフ・シティ(Cardiff City)戦に続いて2-2の引き分けに終わり、4位に食い込むチャンスを再び逃している。

 ミッドウイークに行われた欧州チャンピオンズリーグ2013-14(UEFA Champions League 2013-14)で5-0と快勝を挙げた王者ユナイテッドだったが、首位アーセナル(Arsenal)から勝ち点9差の8位にとどまり、現実に気付かされる形となった。

 モイーズ監督は「カーディフ(Cardiff)では最後の1分(での失点)があったが、ミッドウイークに素晴らしい勝利を挙げた。マンチェスター・ユナイテッドは良い1週間だったといわれるかもしれない。とはいえ、ユナイテッドは勝利しなければならない。だからこそ、終盤でも3点目を狙いにいっていた。しかしながら得点できなかった」とコメントした。

 トッテナムはホームでのユナイテッド戦では13戦未勝利となったが、先週マンチェスター・シティ(Manchester City)に0-6で敗れたチームとは思えない出来で、ユナイテッドを勝ち点1で追い続けている。

 トッテナムのアンドレ・ビラス・ボアス(Andre Villas-Boas)監督は試合後、「マンチェスター・ユナイテッド戦はいつも難しいので、もちろん悪くない結果だ。それでも、マンチェスター・シティに大敗を喫したという事実からすれば、選手たちは素晴らしい立ち直りを見せたと思う」と語った。(c)AFP