【11月16日 Relaxnews】幸せな結婚生活には、短期的にも長期的にも、妻の心の落ち着きが重要な役割を演じるという新しい研究結果が発表された。

 米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の研究チームは、妻が冷静さを保てるかどうかと、口論の後にすぐに落ち着きを取り戻せるかどうかが、長期的な結婚満足度の鍵となっており、夫婦げんか後の夫の反応よりもはるかに重要だということを突き止めた。

「けんかでネガティブな感情をコントロールすることに関しては、妻が本当に重要だ」と心理学者で論文の主執筆者のリアン・ブロック(Lian Bloch)博士は述べる。「怒りや軽蔑といった感情は、カップルを脅かすものに思われるかもしれないが、われわれの研究では、特に妻が自分自身を落ち着かせることができれば、結婚が長続きすることが示唆されている」

 ブロック博士の研究チームは、長期的な研究の一環として、13年にわたり、50代と60代のカップル80組を定期的に撮影したビデオテープを分析した。映像の中でカップルはけんかの原因について話し合い、妻と夫のそれぞれが最も動揺した時点と、落ち着くまでの時間を調べるため、研究チームは被験者の表情、ジェスチャー、そして血圧や発汗などの感情的・生理的反応を測定、解析した。

 10年以上たった後、研究チームはカップルに結婚の満足度について質問した。その結果、妻が短時間で落ち着きを取り戻す夫婦は長期的にも、短期的にも幸せな結婚生活を送る傾向がみられた。これに比べると夫が落ち着きを取り戻す時間が結婚の満足度に与える影響は小さかった。

 論文は11月初旬、米国心理学会(American Psychological AssociationAPA)の学術誌「Emotion」のオンライン版に掲載された。(c)Relaxnews/AFPBB News