【アルジェ/アルジェリア 10日 AFP】国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)と関連のあるサラフィスト布教聖戦集団(Salafist Group for Preaching and Combat、GSPC)は9日、インターネットを通じアルジェリアの人々にフランス人を攻撃するよう訴えた。GSPCは1998年に組織されたイスラム系武装集団で、1992年(のクーデター)以降、宗教色の薄まった同国で武力行使も含めた抵抗活動を続ける唯一のグループ。写真は同日、首都アルジェ(Algiers)の遠景。中央はフランスのスーパーマーケット、カルフール(Carrefour)。(c)AFP/Fayez NURELDINE