UFPFF

国際平和映像祭(UFPFF )

国際平和映像祭(UFPFF)は平和をテーマにした学生対象の映画祭です。
2011年より毎年国連が定めたピースデー(9月21日)に合わせ開催しています。
AFPWAAは2015年より国際平和映像祭(UFPFF)に協賛しています。

写真引用:www.ufpff.com

[2019年作品募集要項]

■募集期間 2019年3月21日(木)~7月21日(日)※AFP通信賞のみ応募締め切りは8月31日となります。

■日時: 2019年9月15日(日) 15:00-20:00頃開催予定

■場所:JICA横浜(横浜市中区新港2丁目3−1)

■主催:一般社団法人 国際平和映像祭

■後援:JICA横浜(予定)、横浜NGOネットワーク、横浜市国際局(予定)

■協力:(株)クリエイティヴ・リンク、ユナイテッドピープル、横浜コミュニティデザイン・ラボ
メディアパートナー:ヨコハマ経済新聞、greenz.jp

■映像テーマ:平和に関連する作品 (例)SDGsのゴールのどれかに関連

■対象者 世界中すべての学生

■言語 日本語/英語(目英以外の揖合は英語字幕必須)

■作品時間 5分以内(2019年以後に製作された作品)、2作品まで

■映像形式 MOV、MP4、 AVI、 MPEGのいずれか。(アスペクト比は16:9推奨)

■グランプリ:副賞 現金10万円
また、国連機関がニューヨークで11月に主催するPLURAL+アワードセレモニーと関連イベント参加権
※現地までの交通費はご自身のご負担となります。

■準グランプリ

■審査員特別賞

■AFP通信賞:「AFP写真年鑑 2019 (非売品)」、「 Amazon ギフト券 3万円分」
オンラインデータ べースサ ー ビス「 AFP World Academic Archive」を正式導入 いただいている大学の学生のみなさん(十大学合同セミナー参加学生含む)は、今回のコンテスト応募にAFPのデジタルコンテンツをご活用ください。選考の上、最も効果的にAFPのデジタルコンテンツを掲載した作品に「AFP通信賞」を授与いたします。

なお、正式契約大学以外の学生で、今回の応募作にAFPデジタル素材を利用したい方は下記のサイトから利用申請を行ってください。
申請者に利用目的及び期間を今回の応募作品制作に限定したAFPWAAアカウントを発行いたします(発行費用は一般社団法人 国際平和映像祭が負担)。
ただし、ご利用については日本の教育機関(大学・高等学校等)に所属する教職員、学生等に限定されます。


http://www.ufpff.com に詳細情報を掲載 しております。ぜひ奮ってご応募ください。



ここに掲載されている作品はあくまでも応募者の見解であり、AFP通信の報道と必ずしも一致するとは限りません。



国際平和映像祭(UFPFF) 動画

■2018年度AFP通信賞
「from Lesvos」髙橋英佑 監督(慶應義塾大学/日本)

■2017年度AFP通信賞
「春と夏の間に、夜と朝の間に。」小林令奈 監督(慶應義塾大学/日本)

■2016年度AFP通信賞
「Light up Rohingya」久保田 徹 監督(慶應義塾大学/日本)

■2015年度AFP通信賞
「隣あわせ」臼井健太 監督(慶應義塾大学/日本)

AFP World Academic Archive(AFPWAA)


AFP World Academic Archive(AFPWAA)はフランス最大の報道機関AFP通信が提供する教育機関向けデータベース・サービスです。世界中に取材拠点を持つAFP通信の1000万枚におよぶ最新のデジタル写真と10万点以上のビデオ動画は、高等教育機関における学習を支援するデジタルコンテンツとして最も適しています。グループワーク、ディスカッション、論文作成、プレゼンテーションなどを行う授業及び研究において、AFPWAAの活用は非常に効果的です。
さらに、AFP通信が提供するコンテンツは著作物二次使用許諾済みで、煩雑な許諾申請など一切不要です。既に20を超える教育機関に正式導入されており、授業のオンデマンド配信、大学公式サイトから配信する公開講座、アクティブラーニング先進事例等において幅広く活用されてきました。