【3月2日 MODE PRESS】「ティファニー(Tiffany & Co.)」は4日、小田急百貨店(Odakyu Department Store)新宿店本館2階に新店舗をオープンする。これに先駆け2日、レセプションが開かれ、元プロテニスプレーヤーの杉山愛(Ai Sugiyama)がテープカットを行った。

■最新デザインコンセプト

 店舗面積は約100坪。ブランドの最新デザインコンセプトを取り入れた都内初のブティックだ。内装はシルバーを基調にブルーやグリーンをア クセントとして取り入れ、壁面にジュエリーのスケッチ画やアート作品を展示。店舗奥には、ソファでくつろぎながらジュエリーを試すことができる個室も設置した。

 商品は、ファッションジュエリーやブライダルジュエリー、ファインジュエリーをはじめ、人気の高いバッグやカードケースなどのレザーコレクショ ンなど、幅広いラインナップが揃う。なかでも注目したいのは、オープンを記念し先行発売される「ティファニー キー ミニ 3キー ペンダント」(7万350円)。ほかにも、約20カラットのイエロー ダイヤモンドをあしらった約3億6000万円のハイジュエリーを6日まで店頭に展示する。

■優れた立地

 ティファニー・ジャパンのダニエル・ペレル(Daniel Perel)マネージング・ディレクターは「小田急百貨店は、新宿駅という世界で最もトラフィックの多い場所のひとつであり、日本有数のビジネス街の玄関口に位置している。このような優れた立地条件の揃った百貨店に出店すると同時に、新コンセプトのブティックを披露できることを嬉しく思う」とコメント。

 昨年結婚したばかりの杉山は、ネックレスやブレスレットなど約3370万円のダイヤモンドジュエリーを着用。「婚約・結婚指輪はもちろん、彼と最初に交換したジュエリーもティファニーだった。テニスで初めて手にした4大スポーツのトロフィーもティファニー製。人生の節目で関わりのある大好きなブランドです」と笑顔をみせた。(c)MODE PRESS

【関連情報】
第84回アカデミー賞:キャメロンのジュエリーは「ティファニー」