【1月15日 marie claire style】「ユーゴ アンド ヴィクトール(HUGO & VICTOR)」はパリの人気ブランド。2010年にパリで生まれ、2016年、表参道ヒルズにブティックをオープンしました。スタイリッシュな空間やチョコレートは、ファッションに興味のある方々をも魅了しています。

 人気の秘密は美しさだけではありません。シェフパティシエのユーグ・プジェ氏は、あの「ラデュレ」や、5つ星ホテル「ル・ブリストル・パリ」のシェフパティシエを経て、ミシュラン三つ星レストラン「ギイ・サヴォワ」のパティスリー・エグゼクティブ・シェフを勤めた方。「美味しさ」に定評があるのです。

 「ユーゴ アンド ヴィクトール」が、今年、日本のバレンタインに提案する「エンヴェロップ ダムール」が素敵です。日本での「ラブレター」を意味するこのチョコレート、ノートブック型のコーラルピンクのボックス、ハートをあしらった封筒に入ったきれいな花束。こんなチョコレートなら、お相手の心を一瞬でとらえてしまいそう!

 中身は「やさしくて甘いフレーバー」ばかりです。アールグレイがふわりと香るガナッシュ、ハート形のイタリア産ヘーゼルナッツのプラリネ「クール プラリネ ノワゼット レ」の香ばしさにはぜひ注目を。花束をイメージして、ローズウォーターを使った「キャラメル オーデ ローズ」の華やかさにうっとり。きゅん、と甘酸っぱいフランボワーズのガナッシュにも心踊ります。

 いまは、スマホでカンタンにメッセージを入力して気持ちを伝えられる時代。だからこそユーグシェフは「手紙」をイメージしたそうです。「もし、昔みたいに手紙で思いを伝えるなら・・・女性はきっと花束のような優しくて、新鮮な文書で恋を表すでしょう」ユーグシェフは語ります。このチョコレートを、大切な方への、ラブレターにしてください。

■プロフィール
Ayumi Ichikawa
日本で唯一のチョコレートに特化したジャーナリスト、コーディネーター。365日、日本国内やカカオ生産地をはじめ世界各地を取材し、最新のトレンドをメディアで発信する。チョコレート愛好家歴は25年。

■ブランド情報
ユーゴ アンド ヴィクトール 公式HP:https://hugovictor.jp/

■商品概要
エンヴェロップ ダムール(12個入)4,800円
https://hugovictor.jp/brand/hugoandvictor/item/HGV0121A0003?fbclid=IwAR3K8PDPBONiBlV_Zzgyouj5eK8tvtNBc3LLHRItzI60i9-3gbg5gNFUo_I
1,300円(3個入)、 2,800円(6個入)も有

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/selection, text: Ayumi Ichikawa