【11月17日 marie claire style】美意識の高い女性たちに愛されるグローバルラグジュアリーブランド、『クレ・ド・ポー ボーテ』。その最高級ラインである『シナクティフ』は、ミニマルな美容ステップで肌を浄化し、澄み渡る透明感とハリ、凛とした顔立ちをつくる本格的なエイジングケアです。その製品を惜しみなく贅沢に使ったフェイシャルコースが、ラグジュアリーな空間とホスピタリティで名高いホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」のスパに登場しました。

「ザ・リッツ・カールトン スパ 東京」は、2,000平方メートルの広さと、東京の光景を180度ぐるりと一望できる素晴らしいロケーション。私が訪れた日は、雲ひとつない秋晴れの日。室内プールには、広い窓からサンサンと降り注ぐ日差しが気持ちよく、遠くに富士山を望むこともできました。フィットネススタジオには、トレーニングマシンも充実しています。

 9つあるトリートメントルームでは、ここのスパ限定の3つのフェイシャルコースが受けられます。まずは、肌診断機で肌の様子をチェック。自分の肌の状態を客観的、かつ立体的に捉えるチャンスって、そう多くはないから、とても貴重な体験といえるでしょう。『シナクティフ』を使ったコースは、フェイシャルとはいえ、デコルテや背中、ハンド&アーム、頭皮など、広く上半身にアプローチしてくれるのが特徴。その理由は、リンパの滞りを解消し、老廃物を流しやすくするため。アルガンオイルなど、5種のオイルをブレンドしたオイルを用い、リンパが多く集まる関節周りや骨の隙間に働きかける手技は、スポーツマッサージのようなニュアンスもあり、とにかく快感!石膏マスクをした後は、『シナクティフ』のローションやセラム、クリームを惜しみなく使って仕上げてくれます。肩や首のコリもほぐれ、頭皮から引きあがるような心地よさで、リラックス&リフレッシュできます。

 トリートメントを受けたすぐ後、鏡を見たら、どんよりとしたくすみや影が消えていてびっくり。頬の位置が上がり、フェイスラインはすっきりし、目元もぱっちりしていました。翌朝には、手で触れたときの肌の感触がヴェルヴェッドのようになめらかになっていて、肌の調子だけではなく、気持ちまでが上向きになりました。

『シナクティフ』は、製品そのものも素晴らしいけれど、プロのメソッドを加えることで、さらなる効果があることを再認識。美肌と美貌をキープするには、やはり不要なものを取り去る浄化ケアが欠かせないことを実感しました。

■店舗概要
ザ・リッツ・カールトン スパ 東京 クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ フェイシャル

■商品概要
・シナクティフ ラディアンス フェイシャル 75分 45,000円
・シナクティフ リフト&グロウ フェイシャル 105分 63,000円
・シナクティフ インテンシブ ピュリファイング フェイシャル 135分 85,000円
(すべてサービス料別)

■関連情報
・クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ 公式HP:http://www.cledepeau-beaute.com/jp/synactif
・ザ・リッツ・カールトン東京 公式HP:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/tokyo/spa
倉田真由美のBeauty Life アーカイブはこちら

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photos & text: Mayumi Kurata