【9月25日 marie claire style】「ルイ・ヴィトン」がメゾンの創業年である"1854"にフィーチャーしたコレクション「SINCE 1854(シンス1854)」をローンチ。ウィメンズ アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールが生み出した"1854"のジャガード・モチーフがあしらわれ、象徴的なモノグラム・キャンバスを再解釈することでメゾンのDNAを体現している。それはまるで、創業者ルイ・ヴィトンの息子であるジョルジュ・ヴィトンが父へのオマージュを込め、ブランドのシンボルの1つとなったモノグラム・キャンバスをデザインしたときのよう。メゾンが築き上げてきたクラフツマンシップへの愛と敬意を感じとれるコレクションとなっている。時空を超えた新しいモノグラムを完成させた本コレクションでは、プレタポルテやレザーグッズ、バッグ、靴、アクセサリーなど幅広いアイテムをラインナップ。

 美しいモノグラムと落ち着いた配色は、これからのシーズン大活躍するはず。

■お問い合わせ先
ルイ・ヴィトン クライアントサービス/0120-00-1854

■関連情報
・ルイ・ヴィトン 公式HP:www.louisvuitton.com

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style