【9月10日 marie claire style】イタリアを代表する世界的デザイナー、ジョルジオ・アルマーニが4年前に誕生させた、タイムレスなワードローブを追求するコレクション「NEW NORMAL(ニューノーマル)」。記事全文へ


Letter from GIORGIO ARMANI
ジョルジオ・アルマーニから届いたメッセージ
"パンデミックは、真のラグジュアリーとは何かを理解する機会を与えてくれた"

新型コロナウイルスのパンデミックの中、いち早くファッション業界の今後についてポジティブなメッセージを発信し、世界中の共感を呼んだジョルジオ・アルマーニ。それから数ヵ月後、あらためて、ファッションに対する思い、今の時代に提案したいスタイルを聞いた。

Q1 ロックダウンの間、どのように過ごしていましたか?
身近な関係者数名と一緒に隔離生活を送り、おおむね私の生活は大きくは変わりませんでした。もともと夜はあまり外出しない生活でしたから。しかしオフィスへ行ったり、会議や人に会ったりすることができなかったのが寂しかったです。電話で声を聴くより、人の目を見て話すことが好きなのです。生活習慣については、普段と変わりなく、朝早く起き、ワークアウトをして、ヘルシーな朝食をとり、新聞などを読み、チームと一緒に仕事をするという日々でした。このロックダウンは私にとってはあまり苦痛な経験ではなかったので、それについてはとても感謝しております。

Q2 感染症と共存するという新しい時代になり、ファッションブランドやファッション業界はどのように生き残り、何をしていくべきか、考えを教えていただけますか?
この経験から学び、優先順位をもう一度見直すことが大切だと思います。ファッションやファッション業界の問題は、ここ数年マスマーケットのファストファッションのブランドと同じ道を辿り、人々が必要とする以上の商品を作り続けたことです。私はスピードを緩め、より少ない商品で、お客様が本当に必要とするものを作るという基本に戻るべきだと常に言ってきました。より人間的な尺度で、クリエイティビティが高く評価されるようなファッションのシステムになることを望んでいます。
美学についてですが、2016年に発表したニューノーマルコレクションの中で、私のアイデアを取り込み始めました。一時的なトレンドとは対照的な時を超越したものへの探求。現代のテイストに基づきながらクラシックなスタイルが見直される明確な美のコード。これらを取り込み、長年ワードローブに置いてもらえるようなコレクションを創り出しました。それは過去を現代と繫ぎ、お客様に一時的な流行ではなく、永遠のスタイルという観点でファッションを考えてもらうためのものでもあります。

Q3 今回のパンデミックを通して、服のデザインに関する見方や哲学に変化はありましたか?
また、パンデミックの後でも心の中で変わらない部分は何ですか?このパンデミックには、確かに私が何を変えたいか、どのようにファッションのシステムにアプローチしていくべきかを考えさせられました。モデルが身にまとったコレクションを世の中に披露する役割はあると信じていますが、それを観るために多くの人々が世界中を移動する必要があるでしょうか? ウィメンズショーを観客なしで開催し、ライブ配信するという決断を2月にしましたが、とても面白い経験で、効率的に物事を成し遂げる方法は一つだけではないということを示してくれました。私は、様々なブランドが毎年何回ショーを開催するかについて、今後慎重に考えるように変化すると信じています。
例えば、毎シーズン、プレコレクションを含めて一つのコレクションを発表すれば十分ではないかと思うのです。また、店頭の洋服と外の季節が一致するようにしたいと考えています。7月に冬のコートを販売したり、1月にリネンのドレスを提案するのはやめたいです。自然と歩調を合わせるのです。
しかし、たくさんの変わらないものも私の考えの中にはあります。服は製造の観点からも、それらの美的関連性においても寿命があります。そのため服が生産とデザインの段階で、実際に着る人々にとって着用可能で親しみやすいものであり、かつ質が高いものであるということはとても大切なのです。

Q4 ニューノーマルコレクションは、名前においてもスタイルにおいても今の社会のムードと合致しているように思われます。
もともとこのコレクションを通してあなたが表現したかったことは何でしょうか?

ニューノーマルコレクションは、常に形と素材のバランスを通して表現された「ジョルジオアルマーニ」の真髄であり、トレンドの概念を超えたエレガンスを生み出しています。ツイル、セーブルシルク、ツイード、ピュアカシミヤなどの絶妙な手触りの生地とすっきりとしたシルエットが融合し、毎回進化しながら着こなしやすいワードローブを発表しています。2020-21年秋冬コレクションは、まさにその例です。アイテムはリラックスしたパンツ、包み込むニット、ロングコート、スタンドカラーシャツなどに合わせたシングルまたはダブルブレストの短いジャケット。カラーはグレー、グレージュ、ブラック、ブルーの中間色に、バーガンディとブラウンがアクセントになっています。このコレクションはいわゆる恒久的な商品であり、「ジョルジオ アルマーニ」のアイコン的作品です。「ニュー」とはそれが最新であることを意味し、現代のお客様のために常にクラシックなスタイルを見直しています。「ノーマル」とは標準です。「ニューノーマル」は、パーフェクトな作品を作成するために使用される特定の美的コードであり、時代を超越したデザインになっています。

Q5 これからの世界のファッショントレンドについて、どのような未来を思い描いていますか?
これを考え直すよい機会として捉えることができるなら、未来はファッションにとって、そして世界全体にとって非常にポジティブなものになると思います。例えば持続可能性はファッション企業やすべての企業にとってますます向き合うべき課題となるでしょう。商品の美しさや品質を落とさずに、デザインと製造においてどのように持続可能性を改善できるか、また、オフィスの運営方法、そして店舗の建設や運営なども考えなければなりません。今回のパンデミックは、真のラグジュアリーとは何かを理解する機会を与えてくれました。外を歩く、そして旅をする自由、友人や愛する人たちに会える自由。結果として、人々はこれから先、ラグジュアリー商品と、今までとまったく違う接し方をするかもしれません。生活においてシンプルなものにより感謝するようになり、商品を購入する際には今までよりも丁寧に考慮し、買ったものをより感謝して使うようになるでしょう。前にも言いましたが、全員がスピードを緩めるべき時なのです。

■ジョルジオ アルマーニの「ニューノーマルコレクション」はこちらから

■お問い合わせ先
ジョルジオ アルマーニ ジャパン/03-6274-7070

■関連情報
・ジョルジオ アルマーニ 公式HP:www.armaniginzatower.com
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

(c)marie claire style/photos: (c)GIORGIO ARMANI

関連写真