【8月13日 marie claire style】マスクを常用するようになって、肌が荒れたりニキビや湿疹ができるようになってしまった、という人がとても多いようです。先の見えないことへの不安や、激変した環境に対するストレスが影響しているのかもしれません。かくいう私も、頬やアゴにプツプツとした小さな発疹と赤みがでてしまい、唇の脇が切れたようになる口角炎にも見舞われてしまいました。素人判断でケアし、悪化させたり長引かせてもいけないので、「青山ヒフ科クリニック」の亀山孝一郎先生のところへ相談に行ってきました。

 ニキビ治療では定評のある亀山先生。1999年に、それまでの常識を覆す「ニキビは感染症ではなく活性酸素病である」という論文を発表し、それと同時に「青山ヒフ科クリニック」を開業。30年以上に渡る「ビタミンC」の臨床研究により、慢性化しやすい大人ニキビや毛穴の開き・目立ちを治療してきたお方。私も以前、何度も取材に行ったことがあり、もっとも信頼できるドクターのお一人です。

 私の肌を診察するなり、「脂漏性湿疹を起こしちゃってる。ストレスだね。ちょっと頑張りすぎちゃったのかな」と一言。ストレスを感じると交感神経が優位になり、皮膚に張り巡らされている毛細血管が収縮して血流が低下。ホルモンバランスやバリア機能が乱れると肌は、皮脂を過剰に分泌することで守ろうとしてしまうのです。また、マスクをつけていることで肌が蒸れた状態になり、マラセチアという皮膚の常在菌のバランスが乱れることも。毛穴に皮脂が詰まり、炎症を起こして赤みや痒みが出てしまうのです。

 この日は、抗酸化力にすぐれたビタミンCをはじめ、ビタミンB群、アミノ酸などのカクテルを静脈に注射する「高濃度カクテルビタミン注射」を受けることにしました。肌を含む全身の細胞を活性化することで、パワフルな美肌効果や疲労回復、抗ストレス作用を望むことができます。ビタミンのパワーで、ウイルスや紫外線などの外的ストレスに対する抵抗力もアップすること間違いなし! L-システインやビタミンB群、ビタミンCなどのお薬も処方していただき、これで一安心! 先生が開発に関わった化粧品「ドクターケイ」にもカクテルビタミンが配合されているため、デイリーに取り入れれば、大人の毛穴やニキビ、肌荒れに、さらなる効果を発揮することでしょう。

 まだまだ手放すことができそうもないマスク。スキンケアやライフスタイルの見直しで改善することもできますが、専門ドクターの診断と治療を受ければ、すばやく根本から改善することができます。せめて肌と体調は健やかに保ち、明るくポジティブに過ごしていきたいですね。

■店舗概要
青山ヒフ科クリニック
東京都港区北青山3-12-9 花茂ビル3F

■商品概要
・ケイコントロールエッセンス[ブースター美容液]20mL 7,500円
・ケイカクテルVローション[化粧水]150mL 7,000円
・ケイクリアソープ[メイク落とし洗顔石鹸]80g 3,500円

■関連情報
・青山ヒフ科クリニック 公式HP:www.aoyamahihuka.com/
・ドクターケイ 公式HP:www.doctork.jp/

倉田真由美のBeauty Life アーカイブはこちら

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photos & text: Mayumi Kurata